Desmuntatge al dia, programa comissariat per Eugeni Bonet pel cicle “El Vídeo a la Gran Pantalla”/Desmontaje al día, programa comisariado por Eugeni Bonet para el ciclo “El Videoarte en la Gran Pantalla”

Posted in artistas hamaca, general by admin on the July 25th, 2012

CAT/CAST

Aquest any tornem amb el cicle “El Vídeo a la Gran Pantalla” als Cinemes Maldà de Barcelona, que inaugurem avui dimecres 25 de Juliol a les 20h amb un programa comissariat per l’Eugeni Bonet.

Us hi esperem!

Desmuntatge al dia
programa a cura d’Eugeni Bonet

El fin de las imágenes (2008) 2′18″
Raúl Bajo

Dreamtime (2008) 13’45”
Félix Fernández

Cine Doré (2004) 3′30″
Diana Larrea

¿Dónde está el espíritu? (2005) 4′30″
Oriol Sánchez

Mira el árbol (2009) 6′56″
Fernando Baños

Dramatis Personae (2005) 6′15″
LABORATORIUM

La cosa nuestra (2006) 15’40”
María Cañas

Vigila, te estamos sonriendo (2008) 1′20″
Rogelio López Cuenca

The Homogenics (2010) 3′32″
Gerard Freixes

Send Me A Copy (2011) 5′20″
Albert Alcoz

Valors esperats: 2 + 1 = < f (x) > = ∫ f (x) Ψ² (x) dx ≈ 2 + 2
(1978/2006) 0’55″
Benet Rossell

Virtual Nothing (2011) 15′
Joan Leandre | Archivos Babilonia

Conspiranoia preliminar
La invitació d’Hamaca a perpetrar un programa a partir del seu nodrit catàleg i, en especial, de les incorporacions més recents, em va dur a fixar-me impremeditament en un nombre d’obres elaborades a partir de material d’arxiu o arrabassat de diverses fonts i titularitats.

Decidí doncs que em delectaria amb l’aroma de refregit d’una de les exhibicions més exitoses que he tingut l’oportunitat de comissariar: Desmontaje –o, en versions “export”, Desmuntaketa i Demontage–, el subtítol de la qual remetia al cinema i el vídeo, entre l’apropiació i el reciclatge.

Quan vaig començar a rumiar aquell projecte, en l’àmbit de les arts visuals es parlava molt d’apropiacionisme. Tant que ja era una paraula prou gastada un cop n’havia inspeccionat a fons el seu vessant audiovisual. Però és que, d’altra banda, m’interessava l’aspecte delictiu i desafiant que tot això comportava.

Al context del cinema experimental o d’avantguarda era habitual el terme de found footage, però jo en recelava pel que hi veia d’encasellament i canonització d’un gènere només per la raó d’emprar una alta proporció de material aliè en la creació d’una obra pròpia. (O tot just de foteses o engrunes, que tanmateix poden ser ocurrents i agraïdes.)

Només després vaig advertir que l’alemany, una llengua que xucla de tantes altres, ja havia manllevat el mot demontage en el mateix sentit que jo pretenia. Perquè jo entenc que el concepte de muntatge és clau, fins i tot quan pràcticament no intervé en el sentit habitual del terme. (Que és quan es tracta, en puretat i literalment, de found footage, objet trouvé o readymade.)

En resum, el que jo volia era obrir un camp i no pas encerclar (encloure) un presumpte gènere. I allò que pretenia ressaltar no era tant el fet de remuntar (de vegades, tot just reemmarcar o recontextualitzar) com el de desmuntar i fer que les imatges (tal vegada també els sons en matrimoni) diguessin tota una altra cosa –molt sovint la contrària– que la que pretenien originalment.

Tot això em dugué a discriminar un tipus de pràctiques que he anomenat matèriques –pel seu accent en el suport o significant, abans que sobre la representació i el significat– però també a interrogar-me sobre el punt en que un plantejament formal pot arribar a prendre un tomb crític (de vegades de manera imprevista).

Un altre aspecte que pretenia ressaltar –quan encara era oportú fer-ho– era el d’una reciprocitat subreptícia entre els compartiments estancs del cinema i el vídeo –el culte de la pel.liculositat i el festeig de l’ordit electrònic–, fins i tot si ambdós compartien els gallardets de la independència i de l’art per davant de la indústria.

També una reciprocitat entre contextos diversos de producció i postproducció arxivística, ara en referència als documentals elaborats sobre materials d’arxiu o llibreria: dels films dits de muntatge o compilació a la seva descendència televisiva i postcinematogràfica. (Aspecte del qual em vaig ocupar després, amb un altre text i un nou programa, en el marc del projecte Culturas de Archivo de Jorge Blasco.)

Però, sobre tot, em cridava l’atenció –i trobava que això no s’havia remarcat gaire– la manera com el cinema s’havia ocupat de la imatgeria televisiva (sobre tot abans que el vídeo en prengués el relleu d’una manera més directa i consanguínia), així com el vídeo, no diguem la tele, passaven a ocupar-se de manera creixent de les icones i despulles del cinema.

Avui, quan cada cop més tot passa per l’embut digital, això és força obvi i potser ja no cal trencar-se la closca sobre l’origen ni la destinació de les imatges, tant fa que siguin reciclades o originals. Aquest programa mateix n’és una demostració i justament hi abunden més les imatges del cinema i subcinematogràfiques, que no pas les de la televisió i la telescombraria.

A més a més, l’arxiu ja no és tant un dipòsit centralitzat i excepcional, com ho era abans, sinó més aviat el que cadascú es fa a partir d’una munió de discs compactes (ahir cintes magnètiques), de documents digitalitzats que circulen per la xarxa (legalment o il.legalment) o de despulles fílmiques preuades o rebutjades (webs de subhastes, drapaires, escombraries).

D’altra banda, aquest programa comporta una indicació geogràfica determinada (bé que no especialment “protegida”), a propósit de la qual, vint anys enrere, calia fer un cert esforç per trobar-hi una tradició entre feble i nul.la d’apropiacions, reciclatges i desmuntatges.

Si, entre el cinema independent, pobre, experimental i documental dels anys 60-70, hi ha uns referents mínimament significatius –Portabella, Patino, Zulueta, el film 133 que vaig fer amb Eugènia Balcells–, per la banda del vídeo era obligada la menció d’una primera generació, la dels artistes conceptualistes i sociologistes que havien marxat a veure món: Muntadas, Torres, Rabascall, Balcells…

En canvi, en la videocreació dels anys 80 (si us plau, no en diguéssiu videoart, si de cas vídeo d’autor), gairebé no hi ha lloc per a les imatges alienes, si no és com a citació o empremta de culte (per exemple King Kong a Veneno Puro, de Xavier Villaverde). Ni podien aportar el grau d’expressivitat del jo-càmera, l’aspiració d’una autoria imperativa, ni tampoc permetien gaires floritures o filigranes.

I és que l’instrumental de muntatge del vídeo –editatge en deien– era aleshores força rudimentari i precàriament analògic. A més, la videocreació no volia saber-ne gaire cosa del cinema, si no era per fer el salt a un ofici al capdavall més arrelat i millor considerat. I la televisió tampoc era un desori tan gran com ho és ara, com per plantejar-se si cabria “alguna pregunta més?”

Tanmateix hi ha l’excepcionalitat d’uns quants noms i títols: Antón Reixa (Historia do Rock and Roll, del recull videopoètic amb el que s’estrenà, Salvamento e Socorrismo), La Sucursal (España-Francia: De Agustina de Aragón a Manolo el del Bombo), Manel Muntaner (Especial 84) i moltes de les emissions del programa Arsenal de TV3. O, ja endinsant-nos en els 90, Marcelo Expósito (amb el tríptic Los demonios familiares) i Cecilia Barriga (Encuentro entre dos reinas).

Aquesta circumstància local podria nogensmenys raonar-se per una qüestió territorial de que, on més apropiacionisme audiovisual hi ha –almenys pel que fa al món occidental–, és allí on la producció és més abundant, perquè aleshores també ho són les deixalles, la varietat d’aquestes i les facilitats per a la seva reutilització (autoritzada, tolerada o furtiva).

Però, a banda de tot això, m’afalaga pensar que Desmontaje contribuís a suscitar un corrent apropiacionista i, de retruc, un sentit crític que semblava absent entre la generació intermèdia dels vuitanta. Així m’ho van donar a entendre almenys un nombre de persones que en molts casos es van alimentar del llibre, l’avui descatalogat catàleg, abans que del programa en si. I algunes d’aquelles persones s’apleguen en aquest programa de desmuntatge a escala d’ara i aquí.

Quatre ratlles a peu de programa
Primer de tot precisaré breument un parell de criteris d’inclusió o exclusió, ja que si, per un costat, totes les obres incloses són de la dècada del 2000 ençà, per altre hi ha uns quants noms que n’han quedat fora per uns factors de duració o que diguéssim de tempo: em refereixo a que hi ha obres que en demanen un altre del que predomina en aquest programa, que diria que és el d’un sobrevoltatge i un curtcircuitatge mutu entre les peces ajuntades.

A risc de, nolens volens, descuidar-me algun nom, esmentaré els de Daniel G. Andújar, Xavier Hurtado, Toni Serra, Kikol Grau, We are QQ, Fernando Franco, Marcelo Expósito, Nuria Vila, Maria Ruido i, per descomptat, Muntadas, entre els que permetrien que aquest programa s’allargués encara. Cosa que hom podrà fer perfectament –fora de la gran pantalla però a la carta– des de hamacaonline.net i a través de molts altres arxius publics, investigacions i reculls en línia, llocs personals, blogs i xarxes de sharing.

Quant a la sessió que ara duem a una sala amb molt de pedigrí cinematogràfic, res més apropiat que encetar amb un tràiler d’un fals thriller: El fin de las imágenes (2008), on Raúl Bajo enfila unes imatges que no distingeixen la ficció de la realitat; aquestes últimes a propòsit de l’anomenat “monstre d’Amstetten”, un dels hereus dels assassins entre nosaltres.

Dreamtime (2008), de Félix Fernández, és un collage característic d’imatges regides per una sintaxi onírica, tot i que més aviat suggeridores d’un malson. Un pas endavant dins una sèrie d’exercicis apropiacionistes que l’autor va encetar amb Prime Time (2003), on prenia com a pretext l’hàbit indolent del zapping.

Diana Larrea, a Cine Doré (2004), no agafa unes imatges preexistents sinó que les reinterpreta en un lloc comú i corrent i amb una convincent mise-en-scène. En prendre com a referent una fita del cinema modern i de la política d’autors –el film fundacional de la Nouvelle Vague-, aquí no es tracta tant de desmuntar com de retre culte.

Oriol Sánchez també pren com a base el cinema d’autor i la seva peça d’homenatge a Kiarostami i Erice (aquest darrer crec que no la va apreciar però gaire) –en ocasió de la correspondència exposada d’ambdós cineastes–, esdevingué el germe d’un tríptic de títol ben significatiu: De la hospitalidad, derecho de autor (2006, amb Miguel Amorim).

Mira el árbol (2009), de Fernando Baños, és l’obra més atípica d’aquest programa ja que tot just confronta una imatge fotogràfica anònima amb la gravació d’una visita actual al lloc on va ser presa –l’antic camp de concentració nazi de Theresienstadt–, amb l’inspiració afegida de textos o dites de W.G. Sebald i Chris Marker.

Laboratorium (el duet de Laura Ginès i Pere Ginard) opera més aviat amb imatges del cinema privat o familiar, i des d’una sensibilitat entre gràfica i poètica. A Dramatis Personae (2005), amb un pretext narratiu (les hagiografies de la Legenda sanctorum) i unes metàfores visuals afegides, a fi d’interrogar-se “sobre la noció postmoderna del reciclatge”.

María Cañas, “arxivera de Sevilla” i zoòloga de l’animalari audiovisual i carpetovetònic, oferí amb La cosa nuestra (2006) una de les seves obres més contundents, entre sagnant i al punt en els cinc talls que la formen, a propòsit de la fiesta nacional: bany de sang, bestialitat, raça i fatxenderia a l’espera del seu reconeixement com a patrimoni cultural immaterial d’un país en la ruïna.

Un minut i escaig per a la publicitat… Rogelio López Cuenca va compondre Vigila, te estamos sonriendo (2008) a partir d’una convocatoria oberta per tal de posar en cerca i captura –mitjançant la funció de càmera dels telèfons mòbils– el somriure cínic dels polítics en el tràmit de seduir els seus electors.

De l’obra de Gerard Freixes n’aprecio la meticulositat subtil, l’humor estoic, amb que sostreu o suma parts de la imatge; allò que sobra o que manca en l’estereotip. A The Homogenics (2010) acobla i superposa diverses escenes del xou de Dick Van Dyke, subjecte únic i multiplicat en la sit-com apòcrifa, apretada i aberrant d’una família efectivament homogènica i monogenèrica.

D’Albert Alcoz he triat un videoclip, Send Me A Copy (2011, música de The Transistor Arkestra), tant perquè remet a un lligam freqüent i genèric entre el vídeo musical i els clixés adquirits, com pel bell aprofitament que fa del molest efecte visual que procura aquest exercici d’entrellaçament desenfrenat sobre imatges de sèrie més Z que B.

A Valors esperats (1978/2006), Benet Rossell il.lustra amb una fòrmula matemàtica la història eterna i suada que el cinema convencional ens explica tothora. Equació patafísica que resulta de l’escorcoll minuciós d’una tira de dotze fotogrames, presa d’una pel.lícula d’arts marcials, on es concentren alguns trets característics de l’adotzenament narratiu: de l’enfrontament entre l’heroi i l’antagonista, al cherchez la femme.

Clou el programa Joan Leandre amb Virtual Nothing (2011), muntatge realitzat com a part dels Archivos Babilonia: un projecte OVNI (Observatori de Vídeo No Identificat) que reflecteix una certa tendència d’anar de la desconstrucció sobrada de  subjectivitat a una tasca arxivista més eixuta. Expedient que en aquest cas s’ocupa de la virtualització del cos i la sexualitat, tot passant per les subcultures otaku i cosplay o per un pornojoc de menudistes menús i opcions.

Dimecres, 25 de Juliol de 2012 a les 20h
Cinemes Maldà: C/ Pi 5, 08002 Barcelona (Barri Gòtic)
Entrada: 4€

CAST

Este año volvemos con el ciclo “El Vídeoarte en la Gran Pantalla” en los Cinemes Maldà de Barcelona, que inauguramos hoy miércoles 25 de Julio a las 20h con un programa comisariado por Eugeni Bonet.

¡Os esperamos!

Desmontaje al día

programa comisariado por Eugeni Bonet

El fin de las imágenes (2008) 2′18″
Raúl Bajo

Dreamtime (2008) 1345
Félix Fernández

Cine Doré (2004) 3′30″
Diana Larrea

¿Dónde está el espíritu? (2005) 4′30″
Oriol Sánchez

Mira el árbol (2009) 6′56″
Fernando Baños

Dramatis Personae (2005) 6′15″
LABORATORIUM

La cosa nuestra (2006) 1540
María Cañas

Vigila, te estamos sonriendo (2008) 1′20″
Rogelio López Cuenca

The Homogenics (2010) 3′32″
Gerard Freixes

Send Me A Copy (2011) 5′20″
Albert Alcoz

Valors esperats: 2 + 1 = < f (x) > = f (x) ² (x) dx 2 + 2
(1978/2006) 055″
Benet Rossell

Virtual Nothing (2011) 15′
Joan Leandre | Archivos Babilonia

Conspiranoia preliminar
La invitación de Hamaca a perpetrar un programa a partir de su nutrido catálogo y, en especial, de las incorporaciones más recientes, me llevó a fijarme impremeditadamente en un número de obras elaboradas a partir de material de archivo o arrebatado de diversas fuentes y titularidades.

Decidí pues que me deleitaría con el aroma de refrito de una de las exhibiciones más exitosas que he tenido la oportunidad de comisariar: Desmontaje –o, en versiones “export”, Desmuntaketa y Demontage–, el subtítulo de la cual remitía al cine y el vídeo, entre la apropiación y el reciclaje.

Cuando empecé a darle vueltas a aquel proyecto, en el ámbito de las artes visuales se hablaba mucho de apropiacionismo. Tanto que ya era una palabra bastante gastada una vez había inspeccionado a fondo su vertiente audiovisual. Pero es que, por otro lado, me interesaba el aspecto delictivo y desafiante que todo esto comportaba.

En el contexto del cine experimental o de vanguardia era habitual el término de found footage, pero yo recelaba del mismo por lo que veía de encasillamiento y canonización de un género sólo por la razón de emplear una alta proporción de material ajeno en la creación de una obra propia. (O apenas de nimiedades, que aun así pueden ser ocurrentes y agradecidas.)

Sólo después advertí que el alemán, una lengua que chupa de tantas otras, ya había tomado en préstamo el vocablo demontage en el mismo sentido que yo pretendía. Porque yo entiendo que el concepto de montaje es clave, incluso cuando prácticamente no interviene en el sentido habitual del término. (Que es cuando se trata, en pureza y literalmente, de found footage, objet trouvé o readymade.)

En resumen, lo que yo quería era abrir un campo y no cercar (confinar) un presunto género. Y aquello que pretendía resaltar no era tanto el hecho de remontar (a veces, apenas reenmarcar o recontextualizar) cómo el acto de desmontar y hacer que las imágenes (tal vez también los sonidos en matrimonio) dijeran otra cosa enteramente distinta –muy a menudo la contraria– de lo que pretendían originalmente.

Todo esto me llevó a discriminar un tipo de prácticas que he denominado matéricas –por su acento en el soporte o significante, antes de que sobre la representación y el significado– pero también a interrogarme sobre el punto en que un planteamiento formal puede llegar a tomar un sesgo crítico (a veces de manera imprevista).

Otro aspecto que pretendía resaltar –cuando todavía era oportuno hacerlo– era el de una reciprocidad subrepticia entre los compartimentos estancos del cine y el vídeo –el culto de la peliculosidad y los hechizos de la urdimbre electrónica–, incluso si ambos compartían los estandartes de la independencia y del arte por delante de la industria.

También una reciprocidad entre contextos diversos de producción y postproducción archivística, ahora en referencia a los documentales elaborados con materiales de archivo o librería: de los films dichos de montaje o compilación a su descendencia televisiva y postcinematográfica. (Aspecto del cual me ocupé posteriormente, con otro texto y un nuevo programa, en el marco del proyecto Culturas de Archivo de Jorge Blasco.)

Pero, sobre todo, me llamaba la atención –y opinaba que apenas se había hecho hincapié en ello– la manera cómo el cine se había ocupado de la imaginería televisiva (sobre todo antes de que el vídeo tomara el relevo de una manera más directa y consanguínea), así como el vídeo, no digamos la tele, pasaban a ocuparse de manera creciente de los iconos y desperdicios del cine.

Hoy, cuando cada vez más todo pasa por el embudo digital, esto es bastante obvio y quizás ya no haya que romperse más la cabeza sobre el origen ni el destino de las imágenes, tanto da que sean recicladas u originales. Este programa mismo es una demostración de ello y, justamente, abundan más las imágenes del cine y subcinematográficas, que no las de la televisión y la telebasura.

Además, el archivo ya no es tanto un depósito centralizado y excepcional, como lo era antes, sino más bien el que cada cual se hace a partir de una multitud de discos compactos (ayer cintas magnéticas), de documentos digitalizados que circulan por la red (legal o ilegalmente) o de despojos fílmicos valorados o abandonados (webs de subastas, traperos, basura).

Por otro lado, este programa conlleva una indicación geográfica determinada (aunque no especialmente “protegida”), a propósito de la cual, veinte años atrás, había que hacer un cierto esfuerzo para encontrar una tradición entre débil y nula de apropiaciones, reciclajes y desmontajes.

Si, entre el cine independiente, pobre, experimental y documental de los años 60-70, hay unos referentes mínimamente significativos –Portabella, Patino, Zulueta, el film 133 que hice con Eugènia Balcells–, por el lado del vídeo era obligada la mención de una primera generación, la de los artistas conceptualistas y sociologistas que habían marchado a ver mundo: Muntadas, Torres, Rabascall, Balcells…

En cambio, en la videocreación de los años 80 (por favor, no digan videoarte, si acaso vídeo de autor), casi no hay lugar para las imágenes ajenas, si no es a modo de cita o impronta de culto (por ejemplo King Kong en Veneno Puro, de Xavier Villaverde). Ni podían aportar el grado de expresividad del yo-cámara, la aspiración de una autoría imperativa, ni tampoco permitían demasiadas florituras o filigranas.

Y es que el instrumental de montaje del vídeo –editaje se decía– era entonces harto rudimentario y precariamente analógico. Además la videocreación no quería saber gran cosa del cine, si no era para dar el salto a un oficio al fin y al cabo más arraigado y mejor considerado. Y la televisión tampoco era un barullo tan estrepitoso como lo es ahora, como para plantearse si cabría “alguna pregunta más (?)”.

Aun así hay la excepcionalidad de unos cuántos nombres y títulos: Antón Reixa (Historia do Rock and Roll, del compendio videopoético con el que se estrenó, Salvamento e Socorrismo), La Sucursal (España-Francia: De Agustina de Aragón a Manolo el del Bombo), Manel Muntaner (Especial 84) y muchas de las emisiones del programa Arsenal de TV3. O, ya adentrándonos en los 90, Marcelo Expósito (con el tríptico Los demonios familiares) y Cecilia Barriga (Encuentro entre dos reinas).

Esta circunstancia local podría sin embargo razonarse por una cuestión territorial según la cual, donde más apropiacionismo audiovisual hay –al menos en lo que se refiere al mundo occidental–, es allí donde la producción es más abundante, porque entonces también lo son los desechos, la variedad de estos y las facilidades para su reutilización (autorizada, tolerada o furtiva).

Pero, aparte de todo eso, me halaga pensar que Desmontaje contribuyera a impulsar una corriente apropiacionista y, de rebote, un instinto crítico que parecía ausente entre la generación intermedia de los ochenta. Así me lo dieron a entender al menos diversas personas que en muchos casos se alimentaron del libro, el hoy descatalogado catálogo, antes de que del programa en sí. Y algunas de aquellas personas se reúnen en este programa de desmontaje a escala de ahora y aquí.

Cuatro líneas a pie de programa
Antes que nada precisaré brevemente un par de criterios de inclusión o exclusión, ya que si, por un lado, todas las obras incluidas son de década del 2000 para acá, por otro hay unos cuantos nombres que han quedado fuera por unos factores de duración o como si dijéramos de tempo: me refiero a que hay obras que piden otro distinto del que predomina en este programa, que diría que es el de un sobrevoltaje y de un cortocircuito mutuo entre las piezas reunidas.

A riesgo de, nolens volens incluso, olvidar algún nombre, mencionaré los de Daniel G. Andújar, Xavier Hurtado, Toni Serra, Kikol Grau, We are QQ, Fernando Franco, Marcelo Expósito, Nuria Vila, María Ruido y, por supuesto, Muntadas, entre los que permitirían que este programa se alargara todavía. Algo que es perfectamente posible –fuera de la gran pantalla pero a la carta– desde hamacaonline.net y a través de otros muchos archivos públicos, investigaciones y recopilaciones en línea, lugares personales, blogs y redes de sharing.

En cuanto a la sesión que ahora llevamos a una sala con mucho pedigrí cinematográfico, nada más apropiado que comenzar con un trailer de un falso thriller: El fin de las imágenes (2008), donde Raúl Bajo ensarta unas imágenes que no distinguen la ficción de la realidad; estas últimas a propósito del llamado “monstruo de Amstetten”, un heredero más de los asesinos entre nosotros.

Dreamtime (2008), de Félix Fernández, es un collage característico de imágenes regidas por una sintaxis onírica, aunque más bien sugerentes de una pesadilla. Un paso adelante dentro de una serie de ejercicios apropiacionistas que el autor comenzó con Prime Time (2003), donde tomaba como pretexto el hábito indolente del zapping.

Diana Larrea, en Cine Doré (2004), no echa mano de unas imágenes preexistentes sino que las reinterpreta en un lugar común y corriente y con una convincente mise-en-scène. Al tomar como referente un hito del cine moderno y de la política de autores –el film fundacional de la Nouvelle Vague-, aquí no se trata tanto de desmontar como de rendir culto.

Oriol Sánchez también toma como base el cine de autor y su pieza de homenaje a Kiarostami y Erice (aunque este último creo que no la apreció demasiado) –en ocasión de la correspondencia expuesta entre ambos cineastas–, constituyó el germen de un tríptico de título bien significativo: De la hospitalidad, derecho de autor (2006, con Miguel Amorim).

Mira el árbol (2009), de Fernando Baños, es la obra más atípica de este programa ya que apenas confronta una imagen fotográfica anónima con la grabación de una visita actual al lugar donde fue tomada –el antiguo campo de concentración nazi de Theresienstadt–, con la inspiración añadida de textos o dichos de W.G. Sebald y Chris Marker.

Laboratorium (el dúo de Laura Ginès y Pere Ginard) opera principalmente con imágenes del cine privado o familiar, y desde una sensibilidad entre gráfica y poética. En Dramatis Personae (2005), con un pretexto narrativo (las hagiografías de la Legenda sanctorum) y unas metáforas visuales añadidas, con objeto de interrogarse “sobre la noción postmoderna del reciclaje”.

María Cañas, “archivera de Sevilla” y zoóloga del animalario audiovisual y carpetovetónico, ofreció con La cosa nuestra (2006) una de sus obras más contundentes, entre cruda y en su punto en los cinco cortes que la forman, a propósito de la fiesta nacional: baño de sangre, bestialidad, raza y jactancia que aguarda su pleno reconocimiento como patrimonio cultural inmaterial de un país en la ruina.

Un minuto y pico para la publicidad… Rogelio López Cuenca compuso Vigila, te estamos sonriendo (2008) a partir de una convocatoria abierta para poner en busca y captura –mediante la función de cámara de los teléfonos móviles– la sonrisa cínica de la clase política en el trámite de seducir a sus electores.

De la obra de Gerard Freixes aprecio la meticulosidad sutil, el humor estoico, con que sustrae o suma partes de la imagen; aquello que sobra o que falta en el estereotipo. En The Homogenics (2010) acopla y superpone varias escenas del show de Dick Van Dyke, sujeto único y multiplicado en esta sit-com apócrifa, apretada y aberrante de una familia efectivamente “homogénica” y monogenérica.

De Albert Alcoz he elegido un videoclip, Send Me A Copy (2011, música de The Transistor Arkestra), tanto porque remite a un vínculo frecuente y genérico entre el vídeo musical y los clichés adquiridos, como por el espléndido aprovechamiento que hace del molesto efecto visual que procura este ejercicio de entrelazamiento desenfrenado sobre imágenes de serie más Z que B.

Con Valores esperados (1978/2006), Benet Rossell ilustra mediante una fórmula matemática la historia eterna y cansina que el cine convencional nos cuenta una y otra vez. Ecuación patafísica que resulta de la inspección minuciosa de una tira de doce fotogramas, tomada de una película de artes marciales, donde se concentran varios rasgos característicos del adocenamiento narrativo: del enfrentamiento entre el héroe y el antagonista, al cherchez la femme.

Cierra el programa Joan Leandre con Virtual Nothing (2011), montaje realizado como parte de los Archivos Babilonia: un proyecto OVNI (Observatorio de Vídeo No Identificado) que refleja cierta tendencia a ir de la desconstrucción sobrada de subjetividad a una tarea archivista más estricta. Expediente que en este caso se ocupa de la virtualización del cuerpo y la sexualidad, pasando por las subculturas otaku y cosplay o por un pornojuego de detallistas menús y opciones.

Miércoles, 25 de Julio de 2012 a las 20h
Cines Maldà: C/ Pi 5, 08002 Barcelona (Barrio Gótico)
Entrada: 4€

49 Responses to 'Desmuntatge al dia, programa comissariat per Eugeni Bonet pel cicle “El Vídeo a la Gran Pantalla”/Desmontaje al día, programa comisariado por Eugeni Bonet para el ciclo “El Videoarte en la Gran Pantalla”'

Subscribe to comments with RSS or TrackBack to 'Desmuntatge al dia, programa comissariat per Eugeni Bonet pel cicle “El Vídeo a la Gran Pantalla”/Desmontaje al día, programa comisariado por Eugeni Bonet para el ciclo “El Videoarte en la Gran Pantalla”'.

  1. not said,

    on July 27th, 2012 at 12:27 am

    Que programa tan bueno, redondo y disfrutado: simplemente recomendado.


  2. on September 17th, 2014 at 6:05 pm

    Vivienne Westwood Hat buy…

    14 Ways to Vivienne Westwood Hat cheap Make Fake Blood 14 Metho Vivienne Westwood Hat pharrell price ds:Realistic Syrup Blood (edible)Simple Red Blood (edible)Chocolate blood (edible)Gelatinous blood (edible)Peanut butter blood (edible)Congealed barbec…


  3. on September 17th, 2014 at 7:37 pm

    Vivienne Westwood Melissa heart shoes…

    Pop Up Events,Vivienne Westwood Vivienne Westwood Orb Brooch sale Orb Brooch sale In celebration of their new Woodlands Project,Vivienne Westwoo Vivienne Westwood Melissa heart shoes d Melissa heart shoes, successful Bee Campaign and to bring nature in…


  4. on September 17th, 2014 at 7:41 pm

    Vivienne Westwood Orb Brooch cheap…

    Deaf people get gene tweak to restore natural hearing People w Vivienne Westwood Melissa rain boots ho have lost their hearing will be injected with a harmless virus carrying a gen Vivienne Westwood Orb Brooch e that should trigger the regrowth of thei…


  5. on September 17th, 2014 at 8:16 pm

    Vivienne Westwood Boots pirate…

    5 Steps to Kickstart Your Confidence True confidence is displayed in a way Vivienne Westwood Boots with bow that begets trust in those that observe it. But some confidence (fa Vivienne Westwood Ring nana lse) shows up as overplayed, overstated and down…


  6. on September 17th, 2014 at 8:18 pm

    cheap Vivienne Westwood Orb Bag…

    Costume Designers,Vivienne Westwood Orb Bag purse On Febr Vivienne Westwood Orb Bag purse uary 21,V Vivienne Westwood Jewelry online ivienne Westwood Jewelry online, the stars came out to celebrate the 14th Annual Costume Designers Guild Awards. Hugo’…


  7. on September 17th, 2014 at 8:20 pm

    Vivienne Westwood Jewelry shop…

    Winning Designs in China The Chinese consumer is bec Vivienne Westwood Jewelry ebay oming increasingly modern and internationalized. The Vivienne Westwood Orb Bag black middle class, those who can afford non-essential items, is torn between two impulse…


  8. on September 18th, 2014 at 10:00 am

    Vivienne Westwood Store nyc…

    What Is My Purpose For most of my life I can remember asking myself the Vivienne Westwood earrings Wholesale question,Vivienne Westwo Vivienne Westwood Women Boots od earrings Wholesale, am I and why am I here? My answer to myself often left me feeling…

  9. Anonymous said,

    on September 18th, 2014 at 10:27 am

    This tends to transition back and forth for most regions. The expenditure from the motor itself might be paid out again through a time once the auto is marketed or traded in. Traditionally diesel engines retain their price more time than gasoline engines thanks for their workhorse nature and capability to degrade slower in functionality.The tip outcome is the fact a diesel run SUV may be somewhat more pricey but it surely will past for a longer time and execute stronger than a gasoline engine.Manner is really a reflection of folks modifying attitude and values. A private fashion statement could become vogue when it is actually found and adopted by others. The design really should be captivating to be imitated by other community. Then again trend is referred towards the particular set of products choices within a shopper group. Individuals generally abide by trend trends because of to lack of confidence, desire, hesitation or deficiency of time to test out a thing new.

  10. drigqmcseq said,

    on September 18th, 2014 at 10:30 am

    HAMACA Blog » Desmuntatge al dia, programa comissariat per Eugeni Bonet pel cicle “El Vídeo a la Gran Pantalla”/Desmontaje al día, programa comisariado por Eugeni Bonet para el ciclo “El Videoarte en la Gran Pantalla”
    drigqmcseq http://www.gt1b92n2r5u659mu03z587b3u47pcidzs.org/
    [url=http://www.gt1b92n2r5u659mu03z587b3u47pcidzs.org/]udrigqmcseq[/url]
    adrigqmcseq


  11. on September 18th, 2014 at 12:05 pm

    佐野 プラダ ポーチ,カモフラージュ プラダ リュック,阪急百貨店プラダ財布
    ナイキ スニーカー ファッション,ナイキの,ナイキ レア
    ルイヴィトン キーポール ハンドルベルト,ヴィトンベビー,ヴィトン エミリー 新作
    ニューバランス ロンドン,ニューバランス 高い,ゴアテックス ニューバランス
    ugg キッズ 購入 ぶろぐ,uggスニーカー,韓国アグブーツ
    ディオール免税店パレット2014,ディオール フルイドスティック 975,ディオールの画像
    モンクレール ダウン 臭い モンクレール マヤ 正規品 モンクレール 2014 montmedy,モンクレール 並行輸入品 ハワイ ショッピング モンクレール モンクレール 黒ワッペン,モンクレール ブランソン 新作 モンクレール サイズ イタリア モンクレール キッズ 格安
    ケイトスペードオーストリッチ財布ネイビー,kate spade リトルミンカショルダーバッグ,サンフランシスコ ケイトスペード
    フェンディ バッグ ズッカ 真贋,fendi バッグ 芸能人,フェンディ バック 正規品
    Air Jordan 3 AAA Chalcedony Edition Miehet Kengät Valkoinen Harmaa


  12. on September 18th, 2014 at 1:05 pm

    セリーヌ ラゲージ パレルモ,セリーヌ キッズ タンク,セリーヌ 三田 財布
    グッチ二つ折り財布真ん中ダブルgマーク,グッチ パチモン,グッチ バックパック
    メンズシャツ プリント柄 高級,スリッポン 花柄スカート,どるちぇ靴
    nike free run 7.0 mens
    誕生日プレゼント ブルガリチョコ,免税ブルガリー長財布,川崎 ブルガリ 香水
    ugg boot slippers
    サフィアーノ プラダ バッグ,プラダ ナイロン 携帯ストラップ中古,鹿児島 プラダ 取り扱い
    カルティエ 時計 ブログ,カルティエ ブレス ベルト,カルティエ 時計 ゴールド青
    ナイキ ホワイトパック ティエンポ,ナイキ tシャツ コーデ,ナイキ ルナ インターナショナリスト


  13. on September 18th, 2014 at 1:23 pm

    ナイキ トラックジャケット キッズ,gps ナイキ,楽天 ナイキ ウォッチ
    nike running free 4.0
    ティンバーランド コピー,ティンバーランド フィールドブーツ,ティンバーランド 札幌
    セリーヌ 財布 幾何学,馬 ブランケット セリーヌ,セリーヌシーツ
    コンバース 厚底 mini,激安コンバース通販,コンバース マーガレットハウエル
    モンクレール 2014 montgenevre モンクレール ポリエステル モンクレール シリアルナンバー 確認,o モンクレール 保証 部 モンクレール タイト モンクレール 2013,モンクレールダウン モカ モンクレール正規販売店 モンクレール 購入
    <a href="http://www.gundogmus.com.tr/swiftly/vs


  14. on September 18th, 2014 at 1:32 pm

    免税 コーチ ダブルファスナー,coach コーチレザー巾着ショルダー,お財布ポシェットコーチ
    フェンディ %e


  15. on September 18th, 2014 at 2:09 pm

    アグー サンダル 子供,ugg ムートンサンダル ネイビー,アグ メンズ小さいサイズ
    セリーヌストライプパンツをはく芸能人,30年前のセリーヌバック価格,ブランド買い取り査定セリーヌネクタイ
    ティンバーランド ローカット,ティンバーランド 手入れ,ティンバーランド 評判
    ヴィトン バッグ 正規価格,ヴィトン バッグ 中の汚れ,ヴィトン 製造番号 re
    シャネルウエストポーチ,スタンプシャネル,シャネル靴アウトレット
    伊勢丹 新宿 バーバリー ベビー用品,伊勢丹バーバリーコート新作,バーバリーブラックレーベルポロシャツ大きいサイズ
    ニューバランス ビジネス,ニューバランス 574 abc,ニューバランス 1300 レディース
    petra jordan tours
    dior mimioui ブレスレット,ディオール シェリー 詰め替え,ディオール ブランケット


  16. on September 18th, 2014 at 2:25 pm

    ミュウミュウ アウトレット 口コミ,ミュウミュウ 財布 牛革,miumiu 長財布 芸能人,ミュウミュウ 財布 さいふ サイフ がま口 新作 2013 miumiu リボン バイカラー ピンク 二つ折り財布 5m1120,ミュウミュウピンクバック ブランド 長財布 がま口
    ブルガリブレスレット ホンモノ,ブルガリの長財布中古買取,ブルガリ腕時計sd38s 年式調べ方
    セリーヌ長財布 辺見えみり,セリーヌぼたん,セリーヌアクセ
    iphoneケース 女の人 サングラス,iphoneケースドルガバ,半袖 レザー シャツ
    dunhill (ダンヒル)  男性スーツ,銀座 ダンヒル,三越 筆箱
    エルメス カレ プロヴァンス,エルメス ピコタン エトープ アメブロ,エルメスボリードエトゥーブカラー
    フェンディ オーガナイザー レザー,フェンディ ペカン ボストンバッグ,フェンディ 時計 偽物の見分け
    バーバリーブラックレーベル ポロシャツ 3,横浜高島屋 バーバリー,バーバリーブルレーベルpコート
    nb ニューバランス,ニューバランス 703,ニューバランス 413
    コーチ 長財布 茶色 モノグラム,コーチ iphone5sケースシグネチャー,コーチ 財布 ターコイズ
    ナイキ エアジョーダン 人気,ナイキファクトリーストア 佐野,ナイキゴルフボール価格
    クロエ ショルダー付き財布,シーバイクロエ シークレットセール,携帯ケース クロエ
    ティンバーランド ポロシャツ,靴 ティンバーランド,ティンバーランド バック
    香港 シャネル ノベルティ,シャネル 財布 見分け方,シャネル シングルピアス


  17. on September 18th, 2014 at 2:32 pm

    air max 2013 pour femme
    コーチ バッグ ボタン 2個,コーチ バッグ 夏 ハワイ,コーチ バッグ メンズ ショルダーバッグ 斜め掛け
    羽田空港 miumiu,ミュウミュウ 店舗 札幌市,ミュウミュウ miumiu/ハンドバッグ/斜め掛けバッグ/本革バック/
    ボディバック ヴィトン 黒,ヴィトン ダミエ ユニセックス 斜めがけ ボックス,ルイヴィトン ポルトフォイユ マリー
    スーパーコピー プラダ カナパショルダー,プラダ v136,prada シガーケース 中古
    ビジネスシューズ ダンヒル,ダンヒルの ライター見分け方,ダンヒル スタッズ
    air max command weiß blau
    浜松でエルメス,エルメス ケープコッド ムーンフェイス,hermes cdc 指輪
    クロエ リリー バッグ,クロエ財布 オーロラ アウトレット,クロエ 財布 リペア
    セリーヌフランスで免税,セリーヌ 携帯カバー,セリーヌ ブレスレット you
    コンバース 寿命,コンバース ベルト,コンバース ベビー
    ケイトスペードサタデー ポーチ,財布 鳥柄 ケイトスペード,ケイトスペード フラミンゴバッグ


  18. on September 18th, 2014 at 2:34 pm

    50代高級ブリーフケース,男性用靴 ダンヒル,名刺入れ 買い取り
    ティンバーランド ヒール,ティンバーランド 30代,ティンバーランド 紐の結び方
    ニューバランス スカート,ニューバランス テニスウェア,ニューバランス リペア
    モンクレール 着こなし 画像 モンクレール フラム サイズ,モンクレール 取扱店 埼玉 モンクレール 取扱店 池袋 モンクレール


  19. on September 18th, 2014 at 2:55 pm

    プラダバッグナイロン アウトレット,スーパーコピー プラダ カナパ,プラダバツク新作秋
    アグー サンダル 子供,ugg ムートンサンダル ネイビー,アグ メンズ小さいサイズ
    クロエ lucy 北川景子,梨花 クロエ ワンピース,梅田 クロエ 財布
    エルメス ガーデンコフレ 価格,エルメス メンズ パヒューム,エルメス ベルト h刻印
    スニーカー コンバース レディース,コンバース ハイカット インソール,マリメッコ コンバース
    スプリームスター グッチ,gucciキャリーバック,グッチ 時計1400l新品ピンクゴールド
    バーバリー 男性靴下,バーバリー ミディアムブリットチェックトート,ジャズドリーム長島 バーバリー
    ミュウミュウ 日本 ,miumiu バッグ ol,ミュウミュウ 財布 ハラコ,ミュウミュウ 財布 ワインレッド,ミュウミュウ 2wayバッグ
    ルイヴィトン車用品,ルイヴィトン ベルト レディース,ヴィトン サイフ マジック汚れ
    ボッテガベネッタ ny,風 財布 メンズ,ボッテガベネタ 財布 クロコダイル
    kate spade ギフト ボックス,kate spade 2014 カゴ リボン,ケイトスペイド名刺入れ
    nike air max tn trovaprezzi


  20. on September 18th, 2014 at 3:25 pm

    ニューバランス スニーカー 種類,ニューバランス ジョギングシューズ,名古屋 ニューバランス
    グッチ 2014春夏 ショルダーバッグ,グッチ ビジネスバッグ,gucci2香水値段
    カルティエ アングレーズ ピンクゴールド ダイヤ,カルティエ タンク レディース 革,カルティエ パンテール フルダイヤ 定価
    高島屋 取扱商品 ブルガリ リング,長財布 メンズ ブルガリ オークション,ブルガリ シュシュ
    Nike Air Max 1 Essential Femme Chaussures Noir/Laser Crimson/Blanche
    ディオール ボディソープ,dior addct サエコ 服 さえこ グレイ,ハンカチーフ dior
    パロディ プラダロゴ トート,プラダ 2000年春夏 リップ,エスパドリーユ プラダ
    petra jordan facts
    womens nike air max
    ケイトスペード アウトレット 長島,ケイトスペード ブライダルギフト,大阪 ケイトスペード アメリカ
    ボッテガ 真贋,シンガポール ブレスレット,ボッテ ビジネス


  21. on September 18th, 2014 at 3:32 pm

    扇子 見分け方,ドンキホーテ八王子 結婚式ネクタイ,でかいピン 売り場
    nike free 4.0 schwarz blau
    air max 2015 finish line printable coupons
    ルイヴィトン マルチ ポーチ 買取,ルイヴィトン メンズ 迷彩,ルイヴィトン 人気柄
    トリーバーチ直営店どこにある,トリーバーチ 傘,韓国 免税 トリーバーチ 安さ
    木更津バーバリー,阪急西宮 バーバリー,バーバリーゴルフレディース15
    ティンバーランド クラシック,ティンバーランド 赤,ティンバーランド ラドラー
    北川景子 コーチ キャンバス レザー トート,コーチ財布 洗う,コーチのダレス
    セリーヌ drawstring,セリーヌ 日傘 京都 高島屋,セリーヌ ロゴ 大きさ
    miumiu メッシュ トップス,ミュウミュウ 財布 タイ,韓国 免税店 miumiu 財布
    二子玉川 ipad アクセサリー,男性 プレゼント バック,男性人気カバン


  22. on September 18th, 2014 at 3:41 pm

    シャネルバック コーチバック コピー,シャネル アンリミテッド 定価,ipod nano シャネル
    カルティエ立川,時計 並行輸入 札幌 カルティエ,カルティエ cartier タンクmc
    nike free run 2011
    プラダ エコバック 値段,プラダキャンパス画,プラダ 洋服 京都
    miumiu 平子理沙 バッグ,miumiuバッグ にせもの,zozotown 買取 miumiu 財布
    コンバース ヒョウ柄 ハイカット,コンバース パンプススニーカー,コンバース ハイカット 青
    トリーバーチブルー,トリーバーチ 4連,トリーバーチ ロビンソン ミディ
    エルメスバーキントゴ色見本,エルメス アルデンヌ ゴールド,エルメスバック 芸能人
    ティンバーランド ブラック,ティンバーランド 芸能人,ティンバーランド ブーツ 新作
    nike air max t shirt


  23. on September 18th, 2014 at 3:50 pm

    トリーバーチミニエラトートバッグ正規品種類,トリーバーチ靴アメリカでいくら?,トリーバーチミニエラトート ベージュ
    dior サングラス 奈良中古,ディオールアイシャドウ歴史,dior マット ネイル
    コンバース スニーカー コーデ,コンバース ハイカット 黒 激安,コンバース ベビー靴
    ブルガリ 白ベルト,ブルガリ 社員割引,ブルガリ腕時計偽物見極め方
    ニューバランス ナイキ,ナイキ バスケットボールシューズ 新作,ナイキ ハイパーヴェノム ファントム hg
    ダンヒル 鞄,ダンヒル ブリーフケース コピー,高島屋ダンヒル名刺入れ
    chloeの財布は本革?,クロエ ボビー l字ファスナー ピンク,chloe(クロエ) エレン ハンドバッグ(3s0459) 革(赤)
    カルティエ パブェ ブレス,カルティエ 時計 24,カルティエ手帳新品


  24. on September 18th, 2014 at 5:06 pm

    uggs fake
    ニューバランス お洒落,ニューバランス 300,ニューバランス ml71 リミテッドエディション
    chloe bobbie 長財布,クロエ(chloe) シャドー ラウンドファスナー付二つ折財布 レビュー,クロエリリィバッグ さえこ
    イズミヤ オンライン コーチ 財布,コーチ メンズバック ハリソン,サフィアーノ レザー coach ストーン付き
    ディオール コスメファンデリネン,dior グロス 551 口コミ,ミスディオールポスター
    celine 財布 模造品,セリーヌ コリア,えみり セリーヌ トリオ
    トリーバーチ アウトレット 大阪,トリーバーチに似てる安いパンプス,トリーバーチ 79211
    ブルガリ長財布を使ってる人,ブルガリコインケース,ブルガリ ネックレス メンズ
    Chaussures Air Max 2011 Enfant


  25. on September 18th, 2014 at 5:31 pm

    nike free run 3.0 or 5.0
    バーバリーブラックレーベル 梅田,バーバリー メンズ ポロシャツ パープル,burberry 格安
    カルティエ 正規 インク,中古カルティエのボールペンの買い取り相場,カルティエ ブレスレットはめ方
    プラダ ショルダー リボングリーン,プラダサフィアーノサイズ,prada 長財布 ラウンドファ ロゴ
    robert jordan wheel of time book 14
    ニューバランス キッズ アウトレット,ニューバランス cm320,ニューバランス バッグ
    Chaussures Nike Air Max Tailwind+4
    クリスチャンディオール マニキュアギフトセット伊勢丹,ディオール オリジナルブラックポーチ プレゼント,ハワイ ディオール 価格
    ブルガリ ファミリーセール 六本木,ブルガリ プールオム 正規輸入,ブルガリ カップル ネックレス ブランド
    モンクレール マヤ サイズ表 モンクレール ダウン 原宿 モンクレール アウトレット 正規品,モンクレール リオネル ダウン モンクレール リベラ モンクレール 浜松,モンクレール アウトレット ミラノ モンクレール ジャパン 問い合わせ モンクレール ダウン ロングコート


  26. on September 18th, 2014 at 5:33 pm

    グッチ 靴 数字 意味,グッチ シマ ボディ,グッチ 名前で詞
    ナイキ t,ナイキ スニーカー air,ナイキとニューバランス
    アグ アウトレット 佐野,アグハワイ価格,夏でもuggモカシン
    ドルチェアンドガッバーナドレス,クロコダイルバック 三越,ヤンキーペンケース
    nike air max 1 white and grey
    バーバリー の若者向け シリーズヤング向け ボストンバッグ,バーバリーブラックレーベル セカンドバッグ,burberryペアウォッチ黒
    トリーバーチ財布 年齢,トリーバーチ激安質屋,ハワイ トリーバーチ 戦利品
    カルティエ時計 国際保証書製造番号記載箇所,中古cドカルティエ ネックレス パール,カルティエ ????????ブレス
    dillards uggs
    ディオールカバン 本物 見分け方,ディオール 限定 ラメ,ディオールコスメ誕生日プレゼント2014
    ティンバーランド おすすめ,ティンバーランド スニーカー レディース,ティンバーランド ラドラートレイルキャンプ
    jordan 11 cool grey
    dunhill タグ,ダンヒル 財布 紺,ハンカチ 名入れ 新宿


  27. on September 18th, 2014 at 5:44 pm

    コーチ ポーチ 口コミ,コーチ 鞄 白 ミディアム キャリーオール,コーチ バック ノベルティ
    バーバリー ベビーブランケット,バーバリーリュック,バーバリー 秋
    prada l字型コイン&キーケース,プラダキャンパスバック,プラダ バッグ b2625m
    グッチ 財布 メンズ 長財布 ミストラル コピー,廃盤 gucci 財布,グッチ トートバッグベェイジュ
    nike free run v3 4.0
    モンクレール ダウン クリーニング 東京,モンクレール スプリングコート 2013,モンクレール 日本 モンクレール 東京
    miumiu バック,miumiu?財布 l字,miumiu ブレスレット 正規
    カルティエサファイア交換,カルティエ コピー トリニティ 指輪,カルティエ ミニラブ パベ コピー
    jordan 11s


  28. on September 18th, 2014 at 7:35 pm

    ヴィトン 財布 ヴェルニ ボーダー,還暦 レザー ヴィトン,louis vuitton キーリング 買い取り
    ナイキ エアジョーダン 新作,ナイキ ランニング 時計 距離,ナイキ ランニング アプリ コーチ
    エルメスバーキンみたいなバック,エルメス 石鹸 価格,hermes 水牛 ブローチ
    ugg neema
    ニューバランス 1300 グレー,ニューバランス ランスカ,ニューバランス シューズ
    ミュウミュウ 財布 店舗,miu miu 財布 値段,miumiu キーケース 新品,ミュウミュウ 3つ折財布 カーフ ブラック,ミュウミュウ ミュール miumiu 長財布 ゴールド
    プラダ 金具 手入れの仕方,プラダ バック 持ち手が麻,プラダ メンズ 財布でかい
    銀座ダンヒル,ダンヒルスニーカ-,ダンヒル タバコ ワン
    Nike Free Run 3 Womens
    ティンバーランド アウトレット,ティンバーランド ブログ,ティンバーランド 激安 レディース
    コンバース ブラック ハイカット,コンバース オールスター made in usa,コンバース 革 スニーカー
    ugg キッズ 2014新作,ハワイ ugg ブーツ 値段,アグアウトレット店舗
    モンクレール ショップ 青山 モンクレール 2014 秋冬 レディース 大阪店舗 モンクレール ダウン ダミアン,モンクレール gildas モンクレール ダウン メンズ 店舗 モンクレール デカロゴ,モンクレール 毛 モンクレール コラボ 2013 モンクレール ガムブルー トムブラウン


  29. on September 18th, 2014 at 7:47 pm

    バーバリー プローサム ヘイ,バーバリーブルーレーベル トート 黒,バーバリー ブルーレーベル 生産国
    メンズビキニブリーフ,ターコイズブルー シャツ 白パンツ,ドルチェ&ガッパーナ
    ugg sito
    fly to jordan
    air max 4.3 spider injection
    ヴィトンキーケースは鍵落ちる?,ヴィトンタイガーライントゥラ,ヴィトン ジップ 会社
    ヤフオク 布団カバー セミダブル セリーヌ,セリーヌ 柄 クラッチバック,セリーヌ 正規品判別
    ギャラクシーs2 シャネルケース,香港 シャネル ノベルティ パールピアス,シャネルエナメル巾着査定
    栄 松坂屋 モンクレール,モンクレール 日本橋 三越,ダウンジャケットサイズ選び モンクレール ヨーロッパ 価格
    クロエ 財布 格安,クロエ アリス バッグ,クロエ 長財布 パステルシャドー
    ボッテガ 見分け,ぼってがすてぃんぐれい,東方神起 ユノ


  30. on September 18th, 2014 at 7:52 pm

    temple run 2 play free
    nike sklep warszawa
    フェンディ バケット ファー,フェンディセレリアバッグ,フェンディ ブログ
    ミュウミュウ 福袋,ミュウミュウ 財布 30代,ミュウミュウ イタリア 値段
    ニューバランス m576 手入れ,ニューバランス キッズ 320,ニューバランス m1400 スティールブルー
    michael jordan sneakers
    ボッテガメンズトートバッグ,安革専門 大阪,ペンケース ベルト 皮
    dillards uggs
    バーバリー ロンドン タオル ケット,タイピン バーバリー,バーバリーメンズカジュアルバッグ


  31. on September 19th, 2014 at 1:39 pm

    Vivienne Westwood Purses ebay…

    Norwich Fashion Week wishlist Cane glass necklace,Vi Vivienne Westwood Purses cheap vienne Westwood Purses cheap, £19, Vivienne Westwood tiny Orb Earrings Jane Pennington at The Designers Show. If you have got a ticket to the Independent Retailers Show…


  32. on September 20th, 2014 at 12:43 pm

    HAMACA Blog » Desmuntatge al dia, programa comissariat per Eugeni Bonet pel cicle “El Vídeo a la Gran Pantalla”/Desmontaje al día, programa comisariado por Eugeni Bonet para el ciclo “El Videoarte en la Gran Pantalla”
    Oakley Batwolf White Black Ink Red Iridium Clear Polarized


  33. on September 20th, 2014 at 1:03 pm

    HAMACA Blog » Desmuntatge al dia, programa comissariat per Eugeni Bonet pel cicle “El Vídeo a la Gran Pantalla”/Desmontaje al día, programa comisariado por Eugeni Bonet para el ciclo “El Videoarte en la Gran Pantalla”
    Vans Sneakers Convenable pour vous


  34. on September 20th, 2014 at 1:24 pm

    HAMACA Blog » Desmuntatge al dia, programa comissariat per Eugeni Bonet pel cicle “El Vídeo a la Gran Pantalla”/Desmontaje al día, programa comisariado por Eugeni Bonet para el ciclo “El Videoarte en la Gran Pantalla”
    Ralph Lauren M?nner Gemerzerisierte Netz Chevron Polo Shirts

  35. xyrzejcaqq said,

    on September 22nd, 2014 at 10:42 am

    Ray Ban Wayfarer Precio

    Baratas Ray Ban Rb4039

    Ray Ban Gafas De Sol Baratas Sin Marca


  36. on September 22nd, 2014 at 1:01 pm

    Vivienne Westwood Jewelry cheap…

    Explosive Benefits of a Natural Market The unique aspect of the resta Vivienne Westwood Orb Bag urant is that not only is the Mexican food authentic, but the employees are Vivienne Westwood Orb Bag purse Hispanic as well. When you walk through the door…


  37. on September 22nd, 2014 at 4:21 pm

    バーバリー ブラックレーベル名刺入れ,ジャズドリーム長島 バーバリータンクトップ,コピー バーバリー ドレス
    ケイトスペード リュックがま口,ケイトスペードマザーズバックヤフオク,ケイトスペード ポシェット リボン
    コーチパスケースクローバー アウトレット,coach バッグ 青 ピンク,コーチ新作カタログ
    エルメスミニケリー アリゲーター,エルメスキーホルダーコピー,iphone5sカバー エルメス クロコダイル調
    yellow air max 1
    ハワイ アグ 2014値段,ugg 、モカシン 季節,アグ ベビー ブーツ プレゼント
    トリーバーチ サンダル 伊勢丹に,入間アウトレットトリーバーチ,トリーバーチ 長財布 正規品
    モンクレール 取扱店 大阪 モンクレール 今さら モンクレール 研究所,モンクレールダウン 楽天 モンクレール 梨花,モンクレール イタリア 値段 モンクレール 伊勢丹 セール ハワイ ショッピング モンクレール
    ugg official
    ナイキジュニアサッカースパイク,ナイキ therma-fit ko フルジップフーディ,株式会社ナイキジャパン


  38. on September 22nd, 2014 at 4:25 pm

    サングラスショートガール,高知市 レザー ブレスレット,ドルチェアンドガッバーナ iphone
    nike air max 180
    ケイトスペード 時計大阪高島屋,ケイトスペード 財布 激安,ケイトスペイド マグ
    ミュウミュウ バッグ 値段,miumiu二つ折り財布,母子手帳ケース miumiu
    プラダ 裾上げ,prada サフィアーノ 財布 cameo,prada 革とナイロンのコンビ バッグ
    コンバース ボア スニーカー,コンバース 値段,コンバース ローカット 履き方
    ディオール リップ 445,アマゾン ミスディオール アイホンケース,ディオールオム キャンバストート
    コーチのベルトバックル,coach名刺入れアウトレット,coach長財布の偽物の見分け方
    ティンバーランド レディース サンダル,ティンバーランド ブーツ 登山,ティンバーランドブーツ コーディネート
    エルメスの偽物と本物の見分け方,エルメス 品番,エルメスピコラン風バック
    セリーヌ 2014 aw 財布,肌掛け セリーヌ,セリーヌ ブレスレット ヴィンテージ
    air max 2013 pour femme
    ブルガリ ビーゼロワン 時計 最新,ブルガリ 日本撤退,ブルガリ エルゴン ジャンク


  39. on September 22nd, 2014 at 4:34 pm

    シャネルレインブーツ,シャネルリップ 色褪せ,シャネルとdc
    クロエ 保存袋,chloe black ダーラ,see by chloe 財布 ミントグリーン
    子供スニーカー ニューバランス,ニューバランス 取扱店,ニューバランス オレンジ
    プラダのバッグピンク,プラダクラッチバッグスーパーコピー,プラダ カナパ lサイズ 正規価格
    jordan latest news
    kate spade neda レッド,ケイトスペードカバン 黒 紺,ケイトスペード がま口 バッグ
    カルティエ 時計 女性 ダイヤ 18金,カルティエ パシャc 皮ベルト 正規,cドカルティエ 重ね付
    nike air max leather
    ギャラクシーs5 ケースエルメス,エルメスバーキンセラフェット,エルメス コピー 六本木
    トリーバーチ ビーチサンダル ブラック26cm,トリーバーチ リュック バイカラー,トリーバーチロビンソンミニジップコンチネンタル


  40. on September 22nd, 2014 at 4:46 pm

    コンバースレザースニーカー,コンバース マーガレットハウエル コラボ,コンバース ハイカット コーディネート レディース
    free running movies 365 mail
    ナイキid バスケットシューズ,ナイキ 最新サッカーシューズ,ナイキ ダンク ハイ プレミアム
    coach 財布,オールドコーチ 名古屋,コーチ 70777 アウトレット
    air max red
    セリーヌ iphoneケース 本物,ブログ セリーヌ エッジ,偽 セリーヌ
    ブルガリビーチサンダル レディース,ブルガリ シャワー,アイホ-ン ブルガリ
    女優 濡れ場 クロエ,クロエ 財布 評価,chloe ハラコ
    ニューバランス mw,ニューバランス1300 ラルフローレン,ニューバランス ランニングウェア レディース
    やわらかい 財布,ビジネス ブレスレット,男性芸能人 愛用財布
    エルメス ベルト エトリエヴェール,エルメス シェーヌダンクル ブレスレット tgm コピー,エルメスメンズ サックアデペッシュ ミニ最新型
    宇都宮カルティエ専門店,カルティエ 店長 年収,スーパーコピー カルティエ サイフ
    ティンバーランド スニーカー 白,ティンバーランド vip,ティンバーランド ダウンベスト


  41. on September 22nd, 2014 at 4:49 pm

    nike free runs women pink dress
    gefakte ugg boots
    ティンバーランド 24,スニーカー ティンバーランド,ティンバーランド サイズ感
    セリーヌ トートバック定価,セリーヌ luggage nano,セリーヌ キャンバス
    フェンディ 財布 2014 バイカラー,fendi ベルト 2013,フェンディー バングル
    タイでプラダ,プラダのカパナトートいくら,プラダ 財布 保証 濡れ
    アンティークアクセサリー エルメス,エルメス クリッパー 格安,エルメス風 イニシャルバッグ
    グッチ 財布 シリアル番号,グッチ白トートバック,グッチもどき 柄
    ボッテガヴェネタバック,ボッテガヴェネタ メンズ ブログ トート,カバ風
    ミュウミュウ?財布高校生人気,miumiu 財布 黄色,ミュウミュウ 財布 修理
    Nike Air Max 1 Essential Femme Chaussures Noir/Laser Crimson/Blanche
    モンクレール キッズ 格安,モンクレールダウン 京都 イタリア モンクレール 個人輸入 モンクレール フランス サイト,モンクレール ブルガリ モンクレール ダウン 偽物見分け方 モンクレール 青山 ホームページ
    ルイヴィトンモノグラムポーチ廃盤品,ルイヴィトンアズヌール,ヴィトン 買取 チャック壊れ


  42. on September 22nd, 2014 at 5:04 pm

    バーバリー 小さいバック,バーバリーブルーレーベルポロシャツ新作,バーバリー ベビー ティーシャツ
    jordan new releases
    セリーヌ 秋冬 バッグ,セリーヌ パイソン トート,セリーヌディオン ボストンコンサート
    コーチバック通販,コーチ マディソン ゼブラ 長財布,コーチのスリングバッグの赤
    ジムバック プラダ,プラダ 財布 穴あき,プラダ激安店本物
    モンクレール 高松 モンクレール ダウン 茶色 モンクレール レディース モカ,モンクレール ウール レディース,池袋 パルコ モンクレール モンクレール ダウン コート メンズ
    ナイキidサイト,ナイキ ハイカット 履き方,ナイキ エナメルバッグ sサイズ
    ドンキホーテ グッチ ネックレス,gucci 指輪 クリーニング,gucci キーモチーフ キーリング
    アグ クラシックミニ スタッズ,ugg mens 激安,シドニー ugg 店舗
    コンバース ヒール付き,コンバース ハイカット 梨花,コンバース 幅
    fendi ボストン ヴィンテージ,トラベルミンクコート フェンディ,フェンディパスポートケース
    ケイトスペード愛用,ケイトスペード ワンピース リボン,ケイトスペードキーケース


  43. on September 22nd, 2014 at 5:09 pm

    梨花 コンバース,コンバース 履きこなし,コンバース パーカー
    フローラバイグッチ 三宮,グッチシルバーチョーカー,グッチ バッグ レディースくろこ
    プラダスポーツセットアップ,プラダ 赤バッグ bn1844,プラダ風靴
    ugg ムートンサンダルamazonn,ニットブーツ ugg,アグブーツ スワロ
    ブルガリビーチサンダル レディース,ブルガリ シャワー,アイホ-ン ブルガリ
    トリーバーチ 御殿場アウトレット,楽r天 トリーパーチ財布,トリーバーチ タバコケース
    ディオール ヴェルニ403,dior 白,miss dior 香水セット
    メンズカルティエブレスレット,カルティエ ラドーニャ 指輪,カルティエ財布 ハッピーバースデーコピー
    紙袋風クラッチバッグ,ボッテガ セカンドバッグ コピー,ビジネスバック大阪
    セリーヌ トートバック定価,セリーヌ luggage nano,セリーヌ キャンバス
    金 ブレスレット ダンヒル,スニーカーソックス メンズ 大阪,相模大野 買い取り王


  44. on September 22nd, 2014 at 5:14 pm

    Chaussures Air Max 2011 Enfant
    kate spade バッグ レッド リボン トート,ケイトスペード 鞄 人気,神保町 ケイトスペード
    ヴィトンのベットカバー,ルイヴィトン ダミエ ナヴォナ,ルイヴィトンシャネルコピー帽子
    コーチ公式アウトレット インターネットセール,コーチ用パンツ,表参道 コーチ 偽物
    クロエ バレリーナ,クロエ ジューン ブログ,シーバイクロエ ムートンスニーカー
    免税店 アウトレット,ブランド激安 名古屋,軽井沢アウトレット
    ナイキ ジョーダン レトロ レディース,サッカーナイキ最新スパイク,ナイキ ターミネーター ヴィンテージ
    バーバリー 下着 メンズ,バーバリーブラックレーベル 2014夏 ポロシャツ,新宿区マルイ バーバリー ハンカチ
    フェンディ バック 未入荷,スクエアチャーム付き フェンディ お財布,fendiジャパン 社長


  45. on September 22nd, 2014 at 5:18 pm

    ニューバランス ルームシューズ,ニューバランス コレクター,ニューバランス スニーカー 通販
    ティンバーランドジャパン株式会社,ティンバーランド ジュニア,ティンバーランド バッグ
    ミュウミュウ 新作 ショルダー,免税店 財布 ミュウミュウ,ミュウミュウ ピンクベージュ ビジュー 長財布
    nike air new
    プラダ 時代遅れ,サフィール プラダ,三ノ宮 プラダ カパナ
    コンバース オールスター hi,コンバース made in usa,コンバース スリッポン キッズ
    モバオク 新品 ルイヴィトン店,ヴィトン パレルモ 定価,シリアルナンバー vuitton ベルニ
    ダンヒル トワレ,ダンヒル 御殿場アウトレッド,ダンヒル 冬スーツ 値段
    air max 2013 pour femme
    セリーヌフェルトスリッポン,セリーヌ 財布 l字,セリーヌ ポケット ウォレット
    nike air jordan high heels
    ラウンドファスナー 芸能人,ボッテガヴェネタ クラッチバッグ コピー,韓国 ipad mini カバー
    シャネル 手帳 縦長,シャネル ミリタリーコート,シャネルのマフラー
    クロエ エナメル 黒 ながざいふ,クロエ お財布 鍵,クロエ レザーウェッジサンダル


  46. on September 22nd, 2014 at 8:25 pm

    サッカー ナイキ最新スパイク,ナイキ ウーブン スニーカー 楽天,ゴルフウェア ナイキ セーター
    秋 プラダ 最新作,スーパーブランドコピー専門店 プラダ カパナ,prada bn2274 薄いブルー
    Nike Free TR Fit 3 Breathe Mężczyźni Training Obuwie Głęboko Niebieski Zielony
    nike air max 90 donna,nouvelle basket nike,nike air max 90 dk
    シャネルの鞄に合わせる靴,シャネルメンズバック中古店,シャネル シール ネイル
    財布 ヘビ柄 ピンク,ナイロントート ファスナー,シンガポール ボッテガ
    miumiu キラキラ クラッチ,ミュウミュウ 化粧ポーチ,ミュウミュウ マトラッセ ショルダーバッグ
    レモンケイトスペードニューヨーク バッグ,ケイトスペード ショルダー アップル,kate spade 折りたたみ
    dolce&gabbana店舗アウトレット通販,ヒョウ柄シャツ メンズ,バラ型押し皮かばん
    nike air new
    偽ブランド品 トリーバーチ,tory burch トリーバーチ holly book bag,トリーバーチ 本物 激安
    air jordan 00 5 18 point buck


  47. on September 22nd, 2014 at 8:39 pm

    tory burch 財布 偽物,トリーバーチ旅,トリーバーチ べっ甲
    クロエ 香水 はるな愛,クロエuv手袋,クロエ 匂い ボディ
    ケイトスペード ペン,年齢 ケイトスペードとマークバイジェイコブス 財布,ケイトスペード マニュキア
    モデル美香 眼鏡ファッション,ネックレス メンズ 渋谷,ジャケット スニーカー 夏
    snowboots uggs
    エルメス クリッパー 格安,エルメス おもちゃいれ,hermesエルメス iphone5s レザーカバー スマホケース 手帳型
    フェンディ 2369,フェンディ ショルダーバッグ 新作,羽田dfs フェンディ
    スキニー コンバース,コンバース マニア,マーガレットハウエル コンバース


  48. on September 22nd, 2014 at 8:46 pm

    nike free 3.0 blue
    免税店 コーチ 財布,コーチ リード ストライプ 犬 レガシー,コーチ 型番なし
    ティンバーランド コピー,ティンバーランド 中敷き,ティンバーランド 折りたたみ 靴
    ドルチェアンドガッバーナ ワンピース 春夏,ディズニー コラボ 秋,メンズシャツ プリント柄 高級
    カルティエ ライター コピー,カルティエ ロンドソロ ゴールド ブログ,カルティエ香水baiser vole
    ルイヴィトン 本物 ダミエ 見分け方,ルイヴィトン クラッチアナ,サントノーレ 新潟 ルイヴィトン
    バーバリーチルドレン 104 シャツ,バーバリー コート 買取,バーバリー トレンチ 中綿
    ウォレットバック ケイト,革 鞄 フルラ ケイトスペード,ケイトスペードめがねフレーム リボン
    ナイキ リュック おしゃれ,スウェット ナイキ レディース,ナイキ 初心者 ランニングシューズ


  49. on September 22nd, 2014 at 9:01 pm

    グッチ財布ピンク,gucciカバンメンズ,gucci idホルダー 1060 ブラック
    ニューバランス 933,ニューバランス 店,ニューバランス 300
    新作アグブーツ,アグー  夏 モカシン,アグ 新作 アメリカ
    celine ヴィンテージ,セリーヌ スカーフ 値段,ベビー セリーヌ 古着
    Nike Air Cushion Wysokie Obcasy Obuwie Biały Light Niebieski
    nike free run black and white womens
    コンバース スノトレ,コンバース エナメル スニーカー,コンバース ワンスター 限定
    ティンバーランド 靴底,ティンバーランドカスタムメイドブーツ,ティンバーランド ブラック

Leave a Reply